カンボジアでカフェに引き籠る人のブログ

為にならないけどあるといいかもしれない事とか

為にならないカンボジアでの暮らし全般いんとろ、その2

6月18日

”為にならないカンボジアでの暮らし全般いんとろ、その1”の続きです

 

”もっと”為にならないカンボジアの生活事情を知りたい物好きな方は続きをどうぞ

ブログタイトルの意味はこの記事の続きに→→

この辺から少しずつ私情が混ざってくる。そんなの知らんわって人は…

 

3.娯楽

ブログのタブタイトルで書いてるくらい、娯楽に乏しい

といっても人によって娯楽の見方は異なるので一概にそうとも言えない。

 

国民的スポーツはサッカー、サッカー観戦しながらワイワイするバーもそれなりにある

暑いの苦手な自分にはこの国でサッカーは正直ノーサンキュー…

 

首都プノンペンはかなり都会都会しているので、イオンモールとかある

イオンモールについては他のブロガーさんが多分めちゃくちゃ褒め倒してるので

そっち見たらいいんじゃないかな。現地で欲しいものは大抵揃う。

 

イオンモールがあるということはそれなりに娯楽がある。

カラオケ、ボウリング、映画、ゲーセン、日本とそうそう変わらないラインナップである。

案の定、外国人向けの価格設定なので、利用客のほとんどが外国の人だ。

 

何より、自分は訳合ってちゃんとしたまともなお金貰えない貧乏人なので

そんなのにいく余裕は全く無い。

この国に来て3か月以上経過しているが、これといった名所には特に行ってない。

行く財力が無い。 

 

何より暑くてモチベが上がらない

 

毎月の食費と光熱費を払って、かつ日本に帰るためのお金を貯めると残るお金は雀の涙程度。

 

・・・_(X3」∠)_・・・

 

4.カフェ

このブログの本命

 

ここまで一杯ボロクソ書いたが、

カンボジアのカフェに関してはクオリティは高い。

毎週末カフェに行って引き籠るのが唯一楽しみとなっているくらいに。 

 

優れているといっても誤差の範囲かもしれないが、

どこにも遊びに行けない貧乏人にとってはオアシスみたいな存在。

 

店内は常に冷房が掛かっている。

どこの店もフリーWi-Fiがあり、回線も快適。

コンセントからタコ足配線を引き、好きなように電気を使わせてもらえる

 

多分日本でもこういうのはあると思うが日本のそれと比べて安価で過ごせる。

少なくとも家で過ごすよりはかなり快適な空間であることに変わりない。

 

自分の心を満たしてくれる様々なカフェに感謝の意を込めて、これから色んなカフェを紹介していけたらいいなと思いこのブログタイトルに。

 

 

まだまだ他に色々と書けそうなことがあると思うけど、いったんここで〆。

 

なるべくポジティブにこのブログをかけていけたらいいとおもいました。まる。